酒類販売業免許は、「小売り」と「卸売り」に大別される。
「酒類小売業免許」 「酒類卸売業免許」
※料飲店に酒類を納入するのは「小売」になり、「酒類小売業免許」があればよい。
※免許業者(酒類販売業者や酒類製造業者)に酒類を納入するには「酒類卸売業免許」が必要で、卸売業免許だけを取得してもそれに小売業免許が含まれてはなく、一般消費者や飲食店には販売できません。

さらに「酒類小売業免許」は3種類、「酒類卸売業免許」は8種類に区分される。

「酒類小売業免許」は3種類
1.一般酒類小売業免許
2.通信販売酒類小売業免許
3.特殊酒類小売業免許

「酒類卸売業免許」は8種類
1.全酒類卸売業免許
2.ビール卸売業免許
3.洋酒卸売業免許
4.輸出入酒類卸売業免許
5.店舗販売酒類卸売業免許(平成24年新設)
6.自己商標酒類卸売業免許(平成24年新設)
7.共同組合員間酒類卸売業免許(平成24年新設)
8.特殊酒類卸売業免許

酒類販売業以外の免許
・酒類販売媒介業免許
・酒類販売代理業免許

酒類販売業免許の取得期間
審査機関の税務署に申請書類を提出します。
審査に要する標準処理期間は、原則、申請書の提出のあった日の翌日から2か月以内です。
※有効期限はなく、更新もありません。

何より第一に、お客様にどの免許が必要なのかを確定しなければなりません。
とは言っても、これだけでも大変な作業となります。
さらには、申請に必要な書類は十数種類にわたり、申請書類を作成するにも知識、労力、時間がかかります。
また、補正にあった場合は免許の取得が遅れてしまい、事業の開始が遅れるなど会社の不利益や損失につながりかねません。

このような煩わしく時間のかかる酒類販売業免許の取得を、専門である行政書士に任せて本業に専念してみてはいががでしょうか。
酒類販売業免許についてお考えなら、ぜひ弊所にお問い合わせ下さい!!


費用につきましては、下記をクリックして御覧下さい。
・各種許認可の費用案内
ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。