「風俗営業」は2つに大別される
1.「風俗営業」⇒都道府県公安委員会の許可
2.「性風俗営業」⇒都道府県公安委員会に届出

種別
「風俗営業」
1号営業⇒社交飲食店、料理店等
2号営業⇒低照度飲食店
3号営業⇒区画席飲食店
4号営業⇒マージャン店、パチンコ店等
5号営業⇒ゲームセンター等

「性風俗営業」
・店舗系性風俗特殊営業
1号営業⇒ソープランド
2号営業⇒ファッションヘルス
3号営業⇒ストリップ、個室ビデオ
4号営業⇒ラブホテル
5号営業⇒店舗系アダルトショップ
6号営業⇒
 出会い系喫茶
・無店舗系性風俗特殊営業
1号営業⇒デリヘル
2号営業⇒アダルトビデオなどの通信販売業

風俗営業許可申請は、申請してから許可がおりるまで、約55日かかります。
飲食も提供する場合は、保健所に飲食店営業許可を申請しなければならず、飲食店営業許可の取得には約1週間かかるので、風俗営業許可を申請する前に飲食店営業許可を申請しておくのが一般的です。

まずは行政書士にご相談されるのがベスト
風俗営業許可申請を考えているオーナー様は、まず店舗をお探しになることが多いですが許可を取る場所が問題になってきます。
どこにでも店舗を構えることができるわけではなく、規制や制限が存在するためその場所で申請し許可が取得できるかどうかも重要です。
賃貸契約などの前に行政書士にご相談いただくのがベストかと思われます。


【補記】深夜酒類提供飲食店営業許可
深夜酒類提供飲食店営業とは?」
風俗営業法では、接待を行う風俗営業や性的サービスを施す性風俗営業は、基本的に午前0時以降の営業はできません。
よく見かける午前0時以降も営業しているお店が取得している許可が、この深夜酒類提供飲食店営業許可です。
風俗営業や性風俗営業に該当せずに、酒食を提供する居酒屋などの業種であれば午前0時以降も営業できます。
このように、深夜に酒類を提供することを営業内容とする飲食店を深夜酒類提供飲食店といいます。
深夜酒類提供飲食店を経営したい場合には、管轄する公安委員会への届出が必要です。
ただし、深夜に提供するメニューのメインが酒類である場合で、付随的に酒類を提供する場合には届出は必要ありません。
「平成27年6月、改正風俗営業法」にて、店内の照度が10ルクスを超えるなどの条件を満たせば深夜営業が可能になっています。
10ルクス以下の店舗では、以前と同様で原則午前0時までです。
照度10ルクスを超える店舗は「特定遊興飲食店営業」とし、風俗営業の分類から外れて深夜営業が可能になりますが、風俗営業法上の営業許可は従来通りです。

「接待がないこと」
①特定少数の利用客に対し、談笑、お酌をする
②カラオケの歌唱に対して手拍子をとったり、一緒に歌ったりする
③利用客とともにゲームに興じる
④利用客に身体を密着させたり、社交儀礼以上に手を握ったりする
⇒ これらに至らなければ、接待にはあたらず深夜酒類提供飲食店営業として届出をします。


【補記】
風俗営業許可」と「深夜酒類提供飲食店営業許可」

「風俗営業許可」
・営業時間は午前0時まで
・接待○
約55日で許可が下りる

「深夜酒類提供飲食店営業許可」
・24時間営業可能
・接待×
届出してから約10日で許可が下りる

※風俗営業許可と深夜酒類提供飲食店営業許可は、1つの飲食店では両方受けることはできません。
現状では、どちらか1つを選び申請を行い許可を取得することになります。

このように、風俗営業許可に関しては法律もわかりずらく、許可の取得にはかなりの労力と知識が必要となります。
一般的には専門に扱っている行政書士に丸投げし、許可の取得以降もアフターフォローを受けるのが一般的です。
風俗営業許可をお考えなら、ぜひ弊所にお問い合わせ下さい!!


費用につきましては、下記をクリックして御覧下さい。
・風俗営業許可の費用案内
ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。