ドローン飛行許可とは?
ドローンは無人航空機の一種であり、飛行させる際には国土交通省の許可・承認が必要です。

飛行目的と例は?
☆空撮⇨風景や施設の撮影、イベント撮影など
☆農林水産業⇨農薬散布、種まき、肥料散布、生育調査など
☆測量⇨工事現場での測量など

許可が必要な3項目
(1)空港等の周辺の上空
(2)地表又は水面から150m以上の高さの空域
(3)人口集中地区の上空

承認が必要な6項目
(1)夜間に飛行させる
(2)目視範囲外で飛行させる
(3)人又は物件との間が30m未満で飛行させる
(4)多数の人が集まるイベント上空で飛行
(5)爆発物など危険物を輸送
(6)物を投下(農薬散布など)

許可等の期間
原則は、3か月以内
継続的に飛行させることが明らかな場合には1年を限度として許可を取得できる。

申請時間
申請書は飛行させる10日前(土日祝日を除く)までに提出が必要です。


サービス費用につきましては、下記をクリックして御覧下さい。
・ドローン飛行許可・承認のサービス費用
ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合せください。



ビジネス分野や人命救助など、今後ドローンは社会のあらゆるシーンにおいて活躍が見込まれる存在であります。

時代の流れに乗り遅れないよう、早いうちから様々な場面でドローンの導入をお考えになられてはいかがでしょうか?
ドローン飛行許可をお考えになられているのであれば、確実にスピーディーに許可を取得し、許可取得後も安心のフォローとサポートを期待できる、弊所にお問い合わせ下さい!!