【航空局からのお知らせ】

ローマ法王に伴う指定区域上空の飛行禁止及び飛行自粛について

ローマ法王の訪日に伴い、「小型無人機等飛行禁止法」に基づく飛行禁止区域が指定されました。

令和元年11月23日から26日までの間は、同法に基づき、対象施設及びその周辺地域の上空における小型無人機、操縦装置を有する気球、ハンググライダー(原動機を有するものを含む。)、パラグライダー(原動機を有するものを含む。)等の飛行は禁止されます。

また、警察庁からの要請により「小型無人機等飛行禁止法」に基づく飛行禁止区域外の関係地域上空においても、無人航空機の飛行を自粛するようお願いが出ております。

やむを得ない理由により飛行させる場合には、管轄する県警察本部又は警察署に連絡するようにして下さい。

具体的な飛行禁止区域等の詳細についてはホームページをご確認下さい。なお、上記の期間にかかわらず、小型無人機等飛行禁止法により、皇居等及びその周辺地域上空が飛行禁止区域として指定されております。

また、航空法により、空港等の周辺や人口集中地区の上空等の空域は、原則として無人航空機の飛行は禁止となっております。

Follow me!

コメントを残す